振動ダンパー

望ましくない振動は機械および設備の円滑な走行を妨げ、それを通して彼らの耐用年数を短くします。スタビラス製振動ダンパーは、動力エネルギーを熱エネルギーに変え、急な停止や大きな振動幅を減少させます。

特性/特徴

STAB-O-SHOCラインの油圧振動ダンパーは、通常伸長および圧縮方向に対称的な力の分布を備えています。一般的なモデルは、動きが逆になっても均等に減衰を保証します 。

負荷が戻るとすぐに減衰力は提供されます。すなわち、振動ダンパーは力の伝達に直接接続されます。特別に内蔵されたピストンシステムのおかげで、伸長と圧縮方向の力を個別に互いに独立して設定することができます。

異なる構造要素は、振動に対する影響を変え、タイプに応じて、 任意の方向に取り付けることができます。

当社ののSTAB-O-SHOCダンパーの機能については、選択マトリックスをご参照ください。

製品バリエーション

典型的な振動ダンパーのバリエーション:

  • STAB-O-SHOC GD 15SP – 水平方向の振動荷重と軽い減衰力のため、分割ピストン付き
  • STAB-O-SHOC HD 24/29 BV – 高い減衰力と垂直取付用
  • STAB-O-SHOC HD 24/29MB – 標準振動ダンパー、ボトムバルブと高い減衰力のためのダイアフラム付き、任意の方向に取付可能
  • STAB-O-SHOC TA 20 – 標準振動ダンパー、小型で任意の方向に取付可能
  • STAB-SHOC TA 30 – 小型で任意の方向に取付可能
  • STAB-SHOC TA 40 – 小型で任意の方向に取付可能